« Saga of the 1st Airborne - The Devil's Cauldron (MMP) より - | トップページ | The Empire Strikes Back - The Devil's Cauldron (MMP) より - »

2011年10月24日 (月)

企画ネタ - The Battle of the Bulge (各社) -

先日、友人と夕食を共にした時に出た与太話しをします。

私:もうすぐ冬です。冬と言えば「バルジの戦い」。そこでバルジのミニゲームの多面指しなんてどうだろう。
ミニゲームの定義は、
1.サン・ビット、バストーニュ、ナミュールがマップに有り、
2.マップのサイズが大体A3以下(縮小無し)で、
3.12月16日から始まる
としよう。
この定義に当てはまるゲームが9つあるんだ。

友:待て!それを2人でやるのか?

私:でなきゃ多面指しにならんだろう?

友:勘弁してくれ、ルールがごっちゃに成ってプレイヤーが死ぬわ!!

16am0

私:じゃあ、ミニバルジばかり集めた「バルジ会」なんてどうだろう?横浜のゲームサークルなら人が集まるだろう?
こう一列に並べたテーブルの右側に連合軍が、左側にドイツ軍が座って奥から手前にかけてミニバルジが並んでいる。でプレイヤーが皆こっちを向いている写真とか、絵に成ると思わないか?

友:いや、あそこは真面目だからミニバルジなんてやらない。きっと1マップバルジ会に成るぞ。

Pic00001

私:うーん、有り得る。
そうだ!いっそ「バルジマラソン大会」なんてどうだろう。
サークルで1日に何個のバルジを終えることが出来るか試すんだ。
定義は、マップサイズを無しにして、代わりにキャンペーンを終えることが出来た物のみカウントと言う事で。

友:それは…プレイヤーとして参加するより、観戦してみたいな。

私:だろう?
雑誌企画として何処かやらないかなぁ?
バルジの戦いのアンソロジーとか。あ、でもそんな事されたら、同人誌とか作りたく成っちゃう。

Pic00004

一部脚色を含みます。
画像と本文は関係有りません。
ネタにしたサークルさん、不快に成ったらごめんなさい。

« Saga of the 1st Airborne - The Devil's Cauldron (MMP) より - | トップページ | The Empire Strikes Back - The Devil's Cauldron (MMP) より - »

ボードウォーゲーム」カテゴリの記事

与太話」カテゴリの記事

バルジの戦い」カテゴリの記事

コメント

 ミニバルジ大会、いいですね。横浜でもやってみたいです。

 私が好きなミニバルジゲームとしては、(GJ誌29号付)バルジ突破作戦、(AH)スミソニアン・バルジ、(旧GJ誌)伊藤ちゃんバルジ、(翔SS)バルジ、(TAC誌付録)レース・トゥ・ザ・ミューズ、デシジョンのバルジ・カードゲーム「ナッツ」でしょうか。
 でも、バルジで企画立てると、やはり滅多にプレイできない大物ゲームをやりたいって言うメンバーが多くて、いつもビックゲーム系に奔ってしまうという。

 >YSGA山内 さん

 広い会場でバルジとなれば、普段は出来ないビックゲームを広げるのは普通だと思います。
 かく言う自分も来月からはWacht am Rhein (DG)の勉強会に参加予定です。
 まぁ、本文は与太話なんで、「実現できたら面白いだろうなぁ」程度の考えです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Saga of the 1st Airborne - The Devil's Cauldron (MMP) より - | トップページ | The Empire Strikes Back - The Devil's Cauldron (MMP) より - »

無料ブログはココログ