« 企画ネタ - The Battle of the Bulge (各社) - | トップページ | Red Devils -Paratroop (S&T77/SPI) より - »

2011年10月25日 (火)

The Empire Strikes Back - The Devil's Cauldron (MMP) より -

前日とは気分を一新して別のシナリオをプレイ。
第82空挺の降着地域を目指してドイツ軍の空軍野戦師団が逆襲してくる1マップのシナリオです。

自分の担当は第82空挺。前日の英空挺のコンビが敵味方に別れてプレイです。

第1ターン、東側から侵入した部隊は河沿いに前進、観測の偵察小隊を撃破。南側から侵入した部隊は道路沿いに前進して、後衛の小隊を吹き飛ばします。
これに対して米軍は1個中隊を道路沿いに南下、強行軍まで使ってGroesbeek南の観測所を強化します。

20111023_000

第2ターン、うかつに動いた米軍の隙間を縫ってプーマが砲兵陣地に隣接。また虎の子の突撃砲を先頭に突撃してきたドイツ軍はGroesbeekの一角を確保します。
一方、観測所が増強された為、士気値の低い南方の部隊は観測所を攻めあぐねます。

20111023_001

第3ターン、びっくりした米軍は砲兵の救出に1個中隊を差し向けます。運良く磨り潰される前に到着した中隊によりプーマが排除され、砲兵は無事に救出。損害を負いながらも闘う勇敢なる空挺隊員の突撃により、Groesbeek手前の装甲部隊を撃破する事に成功します。
ドイツ軍は増強2個大隊を降着地域確保のため前進させ、それに対応する様に米軍は空挺1個大隊を差し向け主戦場はGroesbeek北東の降着地域に移ります。

20111023_002

第4ターン、お互いに砲兵で相手の迫撃砲の邪魔をするという混戦模様の中、目標を南方の観測所の攻略からGroesbeek南方の降着地域確保に変えたドイツ軍の北上が始まります。
米軍はそれを邪魔するには兵力が足りません。

20111023_003

第5ターン、米軍は空襲による部隊の壊走を目指しますが、ドイツ軍は崩れません。
結局Groesbeek北東と南の降着地域を確保されて米軍の敗北でゲームは終了しました。

20111023_004

うーん、対応はまずくなかったはずですが、何故か勝てませんでした。
それでもなかなか楽しめました。他の人のプレイは為になります。

その一方勉強会の時から付き合ってくれた友人を放り出してプレイに熱中してしまいました。
本当は友人がプレイするはずだったのに・・・申し訳ない。

« 企画ネタ - The Battle of the Bulge (各社) - | トップページ | Red Devils -Paratroop (S&T77/SPI) より - »

ボードウォーゲーム」カテゴリの記事

The Devil's Cauldron」カテゴリの記事

マーケットガーデン作戦」カテゴリの記事

プレイ記録」カテゴリの記事

コメント

二日間お疲れ様でした。
自分もプレイに参加する気なら、最初から A Near Run Thing を推していましたのでお気遣いなく。
それより「アシストで入りますよ」とか言っておきながら、ほとんどツッコミどころがなくなっていて寂しかったです(笑
とはいえ折角覚えましたので、また別のシナリオでもプレイしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企画ネタ - The Battle of the Bulge (各社) - | トップページ | Red Devils -Paratroop (S&T77/SPI) より - »

無料ブログはココログ