« Bastogne - West Wall (SixAngles) - より | トップページ | - DESTINATION:Ardennes (さいたまオフライン) - より »

2011年12月27日 (火)

Arnhem - Paul Koenig's Market Garden (Victory Point) - より

11月の初め、電話越しに友人と次にどんなゲームをプレイするか話をしていた。
「この間買った空戦物は?」「ルール読んでないしユニットも切ってないのよね」
「じゃあその前に買ったアルンヘムは?」「あれ?あれは和訳無いしユニット切ってないし…」
「そればっかだな。英文は?量多い?」「えっとねぇ…(ゴソゴソ)A4で4ページ」
「それはA3の両面印刷1枚と言う事かな?」「そうなるね」
「読めよ」「さらに特別ルールがA4で1ページ!」「だから、それ位、読め!」「…ハイ…」

はじめに
「なんて言うゲームだって?」「えーっと、パ…パウル…コエニグ?ズ…」
「待て、それの綴りは?」「えーっと…」
「それは『ケーニッヒ』と読むんだ」「けーにっひ?」
「ケーニヒスティーガーのケーニッヒだ」「へぇぇ」
Victory Pointから3つのD-DAYを出したパウル先生がマーケット・ガーデンに登場。アルンヘム市街をめぐって第一空挺とSSが激突します。
ちなみに本作もシリーズ化するらしく、ナイメーヘン、アイントホーフェンの名前が挙がっております。

Img_0115_2

コンポーネント
ユニット40個、カウンター30個、A3判のマップ、共通ルール4P、特別ルール1P、選択ルール1P。
Victory Pointなので、全てインクジェットプリンターで印刷されている「手作り感」がなんとも言えません(好い意味で)。
サイズは1ユニット1個大隊、1ヘックス600m、1日は3つの昼間ターンと1つの夜間ターンで、9月17日の午後から19日の夕方まで全10ターンでプレイされます。

システム
基本はチット引きのシステムです。チットを引いて、引かれた部隊がアクションをして、チットが無くなるまでそれを繰り返してチットが無くなったらターン終了です。
活性化した部隊が行えるアクションは3つ。移動、戦闘、移動/戦闘です。移動は移動のみ、戦闘は戦闘のみですが、移動/戦闘を選択すると半分の移動力で移動してから半分の戦闘力で戦闘(又はその逆)ができます。移動-戦闘-移動は出来ません。その他に近接突撃が行えます、これは移動アクションの一部になります。
なので、ざっと読んだ感じ「射程のないThe Devil's Cauldron」といった感想でした。
ちなみにZOCはありません。

Image000

プレイ感想
そんな訳で今回は和訳なし、英文を読みながらのプレイとなりました。
私は兎も角、友人は日常会話程度ならこなせるので「これ、こうだよね?この解釈で間違いないよね」と確認しながら進めたのですが、友人曰く「これはアルンヘムじゃない、スターリングラードだ」とのこと。私もなんか違うような気がします。
他のゲームではアルンヘム市街に入れるかどうかが一つの山場ですが、このゲームではドイツ軍ユニットが少ないこととZOCが無いことが合わさって第一空挺は苦もなくアルンヘム市街に入れます。そしてそのあとは市街地でゴリゴリと戦力の磨り潰しが行われるだけ。
まぁでもThe Devil's Cauldronでもイベントが無ければ第一空挺はすんなりアルンヘム市街に入れそうですから、間違っちゃ無いと言えば間違っちゃ無いんですが…そんな市街地でゴリゴリ磨り潰しをするゲームが作りたかったのかなぁとデザイナーの意図を掴みあぐねている具合です。

Image001

その他色々感じたこと。
今後作られるナイメーヘンやアイントホーフェンを見てからでないと、良し悪しは判断できませんが、マーケットガーデンの雰囲気は余り味わえません。
他にもマーケットガーデンのゲームはありますから、物好き、以外の方は手を出さない方が良いと思います。

« Bastogne - West Wall (SixAngles) - より | トップページ | - DESTINATION:Ardennes (さいたまオフライン) - より »

ボードウォーゲーム」カテゴリの記事

マーケットガーデン作戦」カテゴリの記事

ゲーム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bastogne - West Wall (SixAngles) - より | トップページ | - DESTINATION:Ardennes (さいたまオフライン) - より »

無料ブログはココログ