« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月 9日 (月)

- DESTINATION:Ardennes (さいたまオフライン) - より

結論「良いゲームだと思うよ、これは(条件付)」

はじめに
バルジゲームは結構持っている方だと思う。
大抵は連隊規模でフルマップ1~2枚だが、中にはフルマップ4枚のビックゲーム(*)もある。
そしてまた、A3版程度のミニゲーム(*)も多数ある。
そんな中で、今回はゲーム付初心者SLG専門誌「SLGamer #2」よりDESTINATION:Ardennesをプレイしました。
さいたまゲームサークルのホームページ(*)

20120108_001

システム
ルールがB5版で2ページ、ベテランの方にとっては既に馴染みのあるシステムでシンプルにまとめられています。
1ユニット1個師団、動いて殴る、戦力差、弱ZOC、スタック禁止、補給無し。
師団規模なので、捕虜を殺しちゃったからうんたらとか、スコルッツェーニがどうとか、ハイテがこうとかは一切ありません。

プレイ感想
当日ルールを読んでプレイしましたが、ルール説明込みでプレイ時間は1時間半程度でした。

20120108_002

この日は珍しく米軍を担当。
第14騎兵を緒戦で失った他はドイツ軍のダイス目が振るわず、部隊が後退する事に成功。
それでもあちこちで包囲されて降伏したり、戦線に穴が空いたりしましたが、南北からタイミング良く登場する増援に助けられて、ドイツ軍の大幅な突破にはならず。
ヴェルヴィユとサン・ビットを失っただけでなんとかゲーム終了となりました。
もし、第1,第2ターンのドイツ軍のダイス目が走っていたら、アメリカ軍は中央にどか穴が空いて、ドイツ軍の進撃を食い止められたかどうか…

20120108_003

まぁ「バルジの戦い」なので、ドイツ軍が一方的に殴る、アメリカ軍のユニットが減少していく、アメリカ軍はほとんど反撃しない、けどゲーム的にはアメリカ軍が勝つ、というパターンになってしまうので、全くの初心者にはお勧め出来ませんが、SLGに興味を持ち始めた人を対象としているなら、初心者向けゲームとしては良いゲームだと思います。
初心者向けなので、ベテランゲーマーがプレイして面白いかどうかは微妙です。
ちなみに今回のプレイではアメリカ軍は1度しかダイスを振りませんでした。

20120108_000

参考画像:この日持ち込んだ同人バルジゲーム3点。次はTBGのバルジの予定。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

無料ブログはココログ