« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

2012年2月16日 (木)

- バルジの戦い:アルデンヌ Dec 1944 (TBG:Toyama Board Games) - より

結論「悪くないんじゃないの?」

前回に引き続き、日本の同人誌のバルジの戦いです。

20120212_000

システム
1ユニットは師団規模で2ステップ。1ターン2日。とここまでは普通の感じですが、戦闘の解決にCRTは使わず、戦力分のダイスを振って5,6の目の数を比べる、という私にはちょっと馴染みの薄いシステムです。
ルールはB5判で4P程。所々誤字脱字があって戸惑いますが、そこはまぁコレクターとして「他のゲームではこうだから、こうだよね」と話し合って解決しながらプレイを進めました。

プレイ感想
今回は米軍を担当。

20120212_001
初期配置をミスった為、いきなりサン・ビットを失うかバストーニュを失うかの選択を迫られ、これの対応にも失敗。中央にドカ穴を空けられた上、バストーニュも陥落します。

20120212_002
毎ターン登場する増援をなんとか遣り繰りして米軍は戦線を構築しますが、実際にはスカンスカン。おかけでドイツ軍にこじ開けられたり、包囲されたり。

20120212_003
そうこうするうちにドイツ軍がミューズ河を渡河!米軍は最終ターンまで持たず、サドンデス負けとなります。プレイ時間は3時間弱でした。

20120212_005

や、このゲームの米軍はキツイわ。
米軍はユニットが少ないので、初期配置をミスすると後々まで響きます。
今回は初期配置の他に対応でもミスを連発。今後の教訓にしたいと思います。

その他色々気がついた事
馴染みの薄いシステムでしたが、初心者向けのゲームとしては十分な内容を持っていると思います。思いのほか楽しめました。これで誤字脱字が無ければと思いますが、それは要求のしすぎでしょうか?(誤字脱字もそれほど多いわけではないのですが…)
このゲームが現在も入手可能なのかどうかは判りません。しかし、絶版にしてしまうには惜しい気がしますが、雑誌の付録には…付かないだろうなぁ。

次回はLast Gamble(DDH)の予定です。

- Bastogne (Decision Games) - より

はじめに

前回はSix Angles版のBastogneをプレイしましたが、今回はDecision Games版のBastogneをプレイしてみました。
元になったのは同じSPIのWest Wall:Bastogneなのに、まったく別のゲームになってます。

システム
SPI版からは大幅に手を加えられて、まったくの別ゲームになってます。
主な変更点としては、メイアタックになった、機械化部隊も森に進入できる、ステップがある、等です。

プレイ感想
あちこちいじられていますが、シナリオ1の勝利条件は変わっていません。相変わらずドイツ軍にはバストーニュの占領と盤端からの突破が要求されます。米軍はそのどちらかを防げば勝利できます。
しかし、Decision Games版ではSix Angles版と異なり、地形による移動制限が緩やかになったため、米軍は道路を抑えていれば良いという戦術がとれません。

20120129_001
まずは相手の移動を妨害しつつも包囲されない位置に配置します。
ドイツ軍はマップの北側(左手)から突破を行うべく攻撃を行いますが、包囲していない為米軍は後退して時間を稼ぎます。

20120129_002
そうこうしているうちにお互いに増援が到着。一挙に盤面は賑やかになります。その為包囲を恐れた米軍はバストーニュから後退します。
一方で米軍の空挺が突破を阻止すべく戦線を構築します。

20120129_003
その後ドイツ軍のダイス目の悪さも加わり、米軍はなんとかドイツ軍の突破を阻止して勝利します。

休息を挟んで、立場を入れ替えて2戦目。

20120129_005
同じように展開した米軍に対し、ドイツ軍は北と南に迂回、敵戦力の分散を試みます。

20120129_007
お互いに増援が登場して殴り合いが続きますが、状況はドイツ軍有利に進みます。バストーニュは包囲され、西盤端にはドイツ軍部隊が迫ります。

20120129_009
その後最終ターンまで米軍は粘りますが、バストーニュが陥落し部隊の突破も防ぐことができず、ドイツ軍の勝利で終わります。

今回はシナリオ1を立場を変えて2度プレイしました。
2回ともゲーム的には勝利を収めたので米軍・ドイツ軍の双方に勝つチャンスがある事は判りました。
元ゲームとは同名でも全く別のゲームに仕上がってますが、それなりに楽しめるゲームだと思います。

その他色々気がついた事。
好みの話になってしまいますが、このマップは頂けません。なんか光沢がありすぎます。
一方ユニットには好感が持てます。このくらいシンプルな方が私は好きです。
その反面、突破に必要な部隊がどれなのかしるしがついてなかったり、どのユニットが何ターンに登場するのか(ルールブックにも)書いて無かったりとプレイのしやすさについては減点です。
総じて言えば、Decision Gamesにしては普通のゲームに仕上がっていると思います。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

無料ブログはココログ