« - バルジの戦い:アルデンヌ Dec 1944 (TBG:Toyama Board Games) - より | トップページ | - Aus dem Traum:アルデンヌに散った夢 [別名:伊藤ちゃんバルジ](同人誌ゲームジャーナル Vol.46) - より »

2012年4月22日 (日)

- Last Gamble (DDH Games) - より

「DDHってなんのことだっけ?」
「ヘリコプター搭載型護衛艦もしくは駆逐艦」

第3回のミニバルジゲームはDDH Games社のLast Gambleです。

20120311_000


ゲームのシステムは同社のJune'44/August'44と同じです。ちなみにJune'44/August'44はコマンドマガジン95号に付録ゲームとして収録されたので、ご存知の方も多いと思います。

大まかなターンシーケンスとしては
・カードアクションによるイベント
・ドイツ軍移動
・ドイツ軍戦闘
・連合軍移動
・連合軍戦闘
といったところです

デザイナーはDanny Holte。ユニットは連隊~師団、1ターンは1日、12月16日から31日までの16ターンでバルジ大作戦をプレイできます。
ゲームコンポーネントは全てインクジェットプリンターで印刷されている辺りが「同人」っぽさを感じますが、コンポーネントの出来自体は悪くないです。(ただ、気を付けないとマップに「爆撃穴」が出来ている事がありますので、プレイの際には要注意!)

20120311_001

ゲームのプレイは、スカンスカンだけど川で防御されている南方、弱いけどユニットの多い中央、険しい地形の北方とドイツ軍は攻めあぐねます。

しかし、第3ターンに北方で2個装甲部隊が戦線の突破に成功!リエージュまで行くのか?サドンデス勝利か?

20120311_004


と思われたのですが、あと1個師団が見つかりません。
(サドンデス勝利の条件は3個師団の渡河)

やむなく途中で止まるドイツ軍ですが、そんな穴をいつまでも放っておく連合軍ではありません。なけなしの部隊を動員して何とか穴を塞ぎます。

20120311_005

その後のドイツ軍はさいの目に祟られてじりじりとしか前進できません。一方の連合軍は時間と共に増援部隊が到着、次第に防御線を厚くしていきます。

第8ターン終了時でもバストーニュは遥かかなた、サン・ビットの攻略ですら道半ばといった状況にドイツ軍プレイヤーの戦意も喪失、ゲーム途中で終了となりました。

20120311_008

感想としてはドイツ軍に対する攻撃制限がきつく、思うように攻撃ができない(毎ターン2~6か所)、戦闘結果に後退が無い、突破移動(二次移動)が無い等が重なり、「なんか違うよね」と言う意見でまとまりました。
オススメは…あまりできません。

Danny Holteのゲームは幾つか持っているのですが、全体的にこんな感じで「ちょっと違う」「なんか違う」という作品ばかりで個人的な評価は非常に低いです。(したがって他の作品もあまりオススメできません)

このゲーム、マップサイズはミニですが、プレイ時間は普通に8ターンで4~5時間くらいは普通にかかります。ご注意下さい。

ところで「DDH Games」ってのは、ひょっとしたら「Danny D Holte's Games」の事では無いのか?と思うのですが…

« - バルジの戦い:アルデンヌ Dec 1944 (TBG:Toyama Board Games) - より | トップページ | - Aus dem Traum:アルデンヌに散った夢 [別名:伊藤ちゃんバルジ](同人誌ゲームジャーナル Vol.46) - より »

ボードウォーゲーム」カテゴリの記事

プレイ記録」カテゴリの記事

バルジの戦い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« - バルジの戦い:アルデンヌ Dec 1944 (TBG:Toyama Board Games) - より | トップページ | - Aus dem Traum:アルデンヌに散った夢 [別名:伊藤ちゃんバルジ](同人誌ゲームジャーナル Vol.46) - より »

無料ブログはココログ