« High Frontier (2) | トップページ | High Frontier (4) »

2013年8月30日 (金)

High Frontier (3)

さて、陣営が決まったら、次はロケットの開発です。
このゲームでは宇宙空間を移動するのにロケットを使用します。
High Frontierには様々なモジュールがカードになっています。
それらを組み合わせてロケットを組み立てます。
ではロケットとはなんぞや?
答えは推力が有るスタックがロケットになります。人の有無は関係ありません!
推力はカードの下部に△のアイコンでX・Yの2つの数字が記入されているものです。
推力のXの値は速度、Yの値は燃料消費を表します。Xの値が大きい程速く、Yの値が小さい程低燃費で飛べます。
推力を持つのは主にスラスターカードですが、稀にロボノーツカード、そして中国、ESA、NASAのクルーカードも自前で推力を持ってます。(すごーい)
つまり中国、ESA、NASAのクルーカードは燃料さえ入れれば、ロケットとして宇宙に飛び出す事が出来ます。
ここでNASAのクルーカードを見てみましょう。推力は9・6。速度9はなかなかの速さです。一方燃費の6は大飯喰らいと言って良い値です。(ん?なに?[赤城])
具体的にプレイエイドカードにロケット駒を置いて見てみましょう。もっとも燃料ステップが多いのが一番上の行で、乾燥重量が0~2の時です。この時に最大22燃料ステップを積むことが出来ます。
NASAのクルーカードは9・6なので、一回の加速当り6ステップの燃料を消費します。ですから、3回噴射すると18ステップ消費して、終わりです。3回の噴射では地球圏を出る事は出来ても他の星に辿り着くのはまず無理です。
ではどうするか?そもそもクルーカードに推力アイコンが無い国連や日本はどうするか?簡単です。スラスターを買えば良いのです。

« High Frontier (2) | トップページ | High Frontier (4) »

ゲーム紹介」カテゴリの記事

High Frontier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: High Frontier (3):

« High Frontier (2) | トップページ | High Frontier (4) »

無料ブログはココログ