« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月27日 (月)

ゲームサークル坂戸例会 その3

Beyond the Rhineの後は軽く同人カードゲームをプレイ。

建艦狂想曲

Pict1084


主砲と船体と機関の3つのパーツを組み合わせて、コスト及び条約にクリアする戦艦を設計、軍首脳部の評価が最も高いプレイヤーが勝利するゲームです。

本造船所では初期に船体が来なかったため、まず機関から設計を開始。
堅実な議会工作も進み、予算を増大させます。
その後ノースカロライナ級とアイオワ級を得て順調に設計を進めますが、途中産業スパイにより情報が漏えい。
「アイオワ級に16インチ、16万馬力って普通過ぎない?」という突っ込みが入ります。

この時の本造船所の方針は
「議会工作を進めて予算をゲット!でも条約は破棄しない」
「アイオワに注目を集めて大型艦ブームに乗せて条約で他のプレイヤーを落選させる」

と言う姑息な手段でした。

幸いにしてノースカロライナは船体の軽量化に成功。ホクホクしながら最終ターン。
ここで都合よく条約破棄のカードが手の内に!これを秘密裏に廃棄して条約を維持、そしてアイオワ級の船体をノースカロライナ級に変更して本造船所はノースカロライナ級改2型及び改3型の設計が完了します。

社内検討会議の結果、軍本部には改3型を提出して他造船所との競争に挑みます。
が、速度では好評化を得ますが、武装、防御力共にN村造船所のネルソン改に劣り受注が適いませんでした。
▼は本造船所のノースカロライナ改3型

Pict1085

お相手してくれた両名、ありがとうございました。

▼おまけ

Pict1079

MMP社のSCSの1つIt Never Snows()をお披露目。
フルマップ5枚、中隊規模、カウンター数約2000個のゲームです。

ゲームサークル坂戸例会 その2

日曜日はMMP社のOCSの最新作Beyond the Rhine()のフルマップ4枚中南半分の2枚を使うパットンシナリオをメインでプレイ。

今回は連合軍N村さん、ドイツ軍は私です。
▼画像は初期配置時。
Pict1080


連合軍は補給が足りず、ドイツ軍は戦闘力が足りずで最初の2ターンは大きな変動なく進みます。
▼画像は2ターン目終了時。
Pict1082


大きな変化は南仏に上陸したドラグーン部隊が登場する3ターン目。
事前通告により後退していたドイツ軍部隊を包囲し盤面が変化し始めます。
この時点ですでにリアルタイムは夕方。今日はここまでとなりました。
(室温が上がってきていて脳みそが蕩けた)
▼画像は3ターン目終了時。
Pict1083

フルマップ2枚ですが、北側と南側を行ったり来たりするので、このシナリオは両軍2名ずつ居た方が良いですね


そしてフルマップ4枚になるとユニットまで手が届かなくなるのでは?疑惑が。
とりあえず、初期の機動は感じられたのでよしとしました。

N村さん、お相手ありがとうございました。

ゲームサークル坂戸例会 その1

土曜日は午後からの為、簡単なゲームをプレイしようと最近のマイブーム、Race to the Rhine (Phalanx) (

を持ち込みました。

幸いにしてプレイヤーが集まり、N村さん、Yさんの3人プレイで2戦しました。

▼1回目

Pict1077

中央の白色、ブラッドレーを担当。過去のプレイでブラッドレーは難しい事が判っていたので、あえて選択。
手持ちの3個の軍団を使い補給線を2本引きながら前進。
パットンがライン河を渡れない事が判明して勝負は勲章数の勝負に。
パットンより勲章数で負けていたが最後の1手番で勲章2個をゲット。
逆転勝利に成功しました。画像はゲーム終了時。

▼2回目

Pict1078

今回は立場を変えてモントゴメリーを担当。ブラッドレーの時と同様に補給線を2本引きながら前進、とかしてい

たら、あっと言う間にドイツ軍が進出してきてその対応に当たる事に。
結局慎重しすぎて距離も稼げず、勲章勝負にも負けました。
画像はゲーム終了時。アントワープに辿り着けず、30軍団に至っては1歩も動いていないという…orz

お相手してくれた両名、ありがとうございました。

▼おまけ

Pict1068

MMP社の最新ノルマンディー上陸戦ゲームDay of Days()が到着。
お披露目に持っていきました。
フルマップ4枚、中隊規模、カウンター数約2000個のゲームです。

2015年7月19日 (日)

It Never Snows / MMP をソロプレイ? (その3)

第2ターン、増援~砲爆撃フェイズ

Pict1061

この時点で盤外砲兵の届く得物は限られますので、移動妨害も兼ねて砲撃開始。
したら、あっさり森の中の自走砲が直撃喰らって居なくなりました。ラッキー!

第2ターン、移動~突破フェイズ

Pict1064

続く移動でファルケンスウォードをGren,Irish,Welshの3個旅団で包囲。タコ殴りに殴って4個中3個を除去します。

Pict1066

そして突破フェイズで移動を再開、アイントフォーヘンまであと2kmと迫ります。
が、これ以上進むと補給線が辿れない!となり、ここで停止。
(注:これは間違いで、まだ進めました。今画像を見ていて気が付いた orz)
くぅ、一歩及ばず!となりました。

ここで頃合いも良しと言う事で今回のプレイは終わりました。

この後は101空挺師団との協力が発生しますので、判りませんが、多分Klemm歩兵連隊が先にアイントフォーヘンに突入しちゃうか101空挺が先か、でも次のターンに30軍団は着くよね。と言った所です。
今回は30軍団しか登場させませんでしたが、史実と比べると「もうすこしがんばりましょう」的な結果に終わりました。(ミスが多いんです

追記:2015/09/02
後日購入したMMP社のSpecial Ops , Summer 2013 #4号に追加で近衛師団の突破シナリオが掲載されていました。
マップ1枚で6ターンプレイするシナリオです。
(ドイツ軍プレイヤーに対するいじめかな…)

It Never Snows / MMP をソロプレイ? (その2)

第1ターン、戦闘フェイズ

Pict1054

続く戦闘フェイズでクラブルートを掃除してファルケンスウォードまで辿り着くぜ!
と思ったら、ミスして森の入口の自走砲に逃げられます。(画像中央)
きちんとZocで挟めば良かったのですが…サイコロ振った後に思い出してもなぁ。
ちなみに画像でオレンジ色のタイルが置いてある所が戦闘開始場所。
矢印は前進や後退で通過したヘックスです。
そしてファルケンスウォードは都市効果で頑丈でしたorz

第1ターン、突破~補給フェイズ

Pict1057

ユニットの数値に黄色い帯が有るユニットは突破移動が可能です。
なので、突破移動で森の中のユニットを取り囲み、ファルケンスウォードは次のターンに攻略ね、という感じで移動をしましたが、実は補給線の関係でファルケンスウォード周辺のユニットは補給切れに。
森の中の自走砲がいなければそんな事は無かったのですが…orz x 2

第1ターン、ドイツ軍プレイヤーターン

Pict1058

都市が守りやすく、クラブルートを潰せば連合軍の進出を止められると判ったので、SS部隊は30軍団の行動範囲外にある道路を使って北上します。
一方BエリアからKlemm歩兵連隊の6個中隊がクラブルートに沿ってアイントフォーヘン目指して南下します。
この辺、ドイツ軍が出来る事はあんまり無いです。
干拓地を突破して攻撃!とかも考えましたが、干拓地の移動力が馬鹿みたいに高くつくので諦めました。

まだ続く

It Never Snows / MMP をソロプレイ? (その1)

最近時間が出来たので、以前に購入しておいたIt Never Snows / MMP ()のユニットを切りました。

It Never Snows は1ユニット中隊規模でマーケットガーデン作戦を作戦級ゲームです。
同社からはこれ()とかこれ()とか出して居るのに、似たスケールでまた出すんかい!と突っ込みが入ったものですが…ね。
1ヘックスは600m、フルマップ5枚でマーケットガーデン作戦全体を扱います。
ちなみにシリーズ名のSCSですが、スケールはゲームによってばらばらですので、「簡単な作戦級」程度の感覚で十分です。

シナリオはキャンペーンシナリオの他、全部で8種類。うち1マップシナリオは3つ。
第1空挺を扱ったシナリオ2本とフェーヘル(Veghel)の戦いです。
30軍団の突破を扱ったシナリオは有りませんので、アイントフォーヘン(Eindhoven)に何時たどり着くか?
と言う事でソロプレイをしてみました。

ドイツ軍初期配置

Pict1036_2

ヘックス固定のユニットもいますが、Xヘックス以内のユニットも居ますので、今回はこんな配置にしてみました。
SCSではZoc to Zocが可能なので、移動力が足りれば戦線をするすると抜けられます。
なので嫌がらせに迫撃砲はスタックせずに後ろに置きました。
連合軍は下のAヘックスから登場します。
赤い一点破線は30軍団の行動範囲です。ここを出る移動や攻撃はしちゃだめよ。
(バルジではよく見かけますが、マーケットガーデンでは珍しいです)
Aから延びている白い道路がクラブルートになります。

第1ターン、増援~砲爆撃フェイズ

Pict1040

連合軍は幾つ空軍の支援を受けられるか2D6を振って決めます。(最大10個)
幸先良く9が出て盤外砲兵と一緒にクラブルート沿いのドイツ軍を砲爆撃します。
結果、半数が混乱しおまけに3ユニットに被害が出ました。
(迫撃砲の1つは直撃されて死亡)

第1ターン、移動フェイズ

Pict1047_2

まずはGren近衛旅団によるクラブルート沿いのオーバーラン。
ここでオーバーランは平地か干拓地で無いとできない事が判明して、急遽目標を変更。
続くIrish近衛旅団の戦車大隊も導入して平地3か所のオーバーランに成功。
師団直轄の装甲車中隊4個がファルケンスウォード(Valkenswaard)までたどり着きます。

続く

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

無料ブログはココログ