« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

今日の失敗談

今日はゲームのプレイではありません。あしからずf^_^;)

皆さんはどの様にユニットを収納して、どの様にセットアップしてますか?
最近Beyond the Rhine / MMP のユニットを切ったのですが、収納はジッブロックの袋に入れてます。
▼保存状態
Pict1131
どの袋に何が入っているか判る様にメモを入れています。

が、これですとセットアップの際に大変苦労します。
セットアップリストには
 A15.29 (Mons), within 2 hexes:
  24-4-3 Inf Div (1)
  2.Arm Div (all 5 units)
  5-3-7 TD Bn (702)

と言った感じで、ここには何を配置する、形式で書かれています。
これだとヘックス毎にあっちの袋をひっくり返し、こっちの袋をひっくり返し、となる為です。

なんとかならんもんだろうか?と思って考えてみました。
まぁプレイするシナリオ毎に事前に準備しておくのが一番なので、最初は配置ヘックス毎にジッブロックの袋に分けて入れる様にラベルを作りました。
が、そのジッブロックに入れる為には、探し出すのに同じ手間がかかるので、別にシナリオで使用するユニットリストを作りました。
このユニットは何処に配置する、リストです。
▼暫定案
Pict1130_2
右側がシナリオで使用するユニットのリスト(初期配置分のみ)。主に普段の収納してある区分毎にソートしてあります。
左側が配置ヘックスのボックスです(初期配置分のみ)。リストから見つけたユニットを置くための用紙です。
で、リストを見ながら左側のボックスに配置していけば事前の準備なしでもいけるんじゃね?
と思った訳です。

▼ボックス配置例
Pict1133
こんな感じ。シナリオ2の英軍の初期配置分です。
ちなみにシナリオ2の連合軍の初期配置分の仕分けに1時間程かかりました。

つまり、作業時間的にはあんまり変わりませんでした。orz
そしてリストに誤植を発見。orz x 2
Excelの操作には絶大な自身が有ったのですが…まぁ見つかって良かったよね。
ちなみにExcelでリストとボックスを作っているのですが、結構な時間かかります。f^_^;)
あとね、連合軍はA4用紙2枚で済むのですが、ドイツ軍はA4用紙5枚になるのよ。初期配置だけで。
なので割と作業スペースを取ります。この辺も問題ですね。

皆さんはどの様にユニットを収納して、どの様にセットアップしてますか?
私はしばらくこの方法を試してみようと思います。

2015年8月27日 (木)

ゲームサークル坂戸例会(日曜日)

前日から変わってこの日はOCSのプレイ(11月に行われる猿遊会でのプレイするゲームとシナリオの)検討会。
朝からBeyond the Rhine のマップを広げて、ああだ、こうだ、と話し合い。
Beyond the Rhine の1マップシナリオScenario 6.6: A Time for Trumpets の勝利条件を確認しながら、連合軍の初期配置を見てみると、「これアーヘン攻略の限定反攻にした方が現実的じゃね?」と言う結果に。
勝利条件がね、遠すぎるのよ。
次にScenario 6.2: Fall of ‘44 (Montgomery) の連合軍初期配置位置を確認。
フルキャンペーンの北半分なんですが、連合軍プレイヤーは英軍/米軍に分ければ何とかなりそう、と言う方向に。
それでもいきなりシナリオをプレイしてきちんとプレイ出来るとは双方思っていないので、次回以降の例会の際にお試しプレイをする事に。

ここでお昼。
戻ってきてからマッコイさんを巻き込んでOCS:Tunisia のインストプレイ。
シナリオはRace for Tunis。
状況はN村米仏軍&マッコイ英軍の連合軍の前にForger伊独軍が立ちふさがる形です。

▼は初期配置
Pict1120

枢軸軍には司令部も無いレール輸送能力も無い!と嘆いたら、それは連合軍も一緒!という突っ込みが。
お互いグタグタの状況から開始です。
シナリオは1マップですが、戦闘は画像に移ってる1/4マップの範囲内でしか戦闘が起きません(でした)。

▼順調?に攻め上げる連合軍
Pict1121

今回はインストプレイです。OCSではこういう事が起きるのだよ、と言う事を実際に説明する為にも枢軸軍は活発に行動します。
が、誰が奇襲チェックでピンゾロを出せと言った!(もちろん振ったのは私です)
そんなハンプニングを挟みながら、今日一番の見せ場に。
伊独の独立空挺歩兵を支援しながら第10装甲師団の2個戦車大隊の攻撃です。
対するは仏軍歩兵と英軍装甲車。
これなら行けるぜ!とまずは空軍による爆撃⇒失敗。
続くリアクションでN村米軍が、これはまずい、と戦車大隊を投入。
22火力の準備砲撃⇒失敗
そして戦闘。都合5カ国が参加した戦闘結果は、AL1o1/Do1。
なにやっとんじゃ!

▼戦闘後の状況
Pict1122_2

その後もドイツ軍に良い所は無く、N村米機甲にチュニスまで6ヘックスと迫られてこの日は時間切れ終了となりました。
しかし、ここ一番に弱いダイス目はどうにかならんもんじゃろか…

お付き合い頂いたN村さん、マッコイさん、ありがとうございました。

ゲームサークル坂戸例会(土曜日)

先日のソロプレイに引き続き、本日もIt Never Snows / MMP をプレイ。
今回は河川渡河のシナリオ5.7 恵みあふれるマリア様 - Hail Mary, Full of Grace です。
N村さんがドイツ軍、私が連合軍の担当です。

▼は初期配置
Img_0755

既に82空挺の工兵がナイメーヘン鉄道橋の西に居て空挺歩兵の渡河準備は万端です。
で、1個大隊が渡河するのですが、当然ながら反撃でボコボコにされます。
これ第1ターンに渡河しちゃ駄目なのかな?と聞いたら、
「渡河しないと川岸にユニット敷き詰められるから、渡るなら第1ターン。
渡河しないとナイメーヘンに増援が入るよ。」
うう、彼らは犠牲部隊なのね。

結局渡河した1個大隊は全滅。工兵も3ターン目からは砲撃により使用不能(混乱すると歩兵を渡河させる事が出来ない)になった上、しばらく後に全滅。これで当面渡河するには鉄道橋と道路橋しかないかなぁ、と言うタイミングで第43歩兵師団登場。
DUKWを装備した歩兵旅団(通称アヒル部隊)が川岸に展開、ドイツ軍戦線の薄い所を狙って渡河します。

▼はゲーム終盤
Img_0758

東側から渡河したアヒル部隊がドイツ軍側面を突破。
ナイメーヘンに立て籠もったドイツ軍も駆逐して、近衛師団の機械化歩兵旅団も展開中。
双方砲撃により最前線の部隊はボロボロです。

そして迎えた最終ターン。
連合軍はオーバーランと突破移動を組み合わせて何とか勝利目標の地点全てを確保します。
が、その後のドイツ軍の攻撃で2箇所が奪回されてドイツ軍勝利で終わります。

▼はゲーム終了時
Img_0759

確かに配置ミスとかあったけど、最終ターンのドイツ軍ターンに登場する装甲部隊をどうやって止めろ、と?
後、今回ドイツ軍がすごく調子良かったのに、盤上から一掃されそうになりました。
なので双方共にプレイしていて、なんだかなぁ~、と言う気分でした。

お相手頂いたN村さん、ありがとうございました。毎回貧乏くじを引かせて申し訳ない。

It Never Snows には8本のシナリオがあり、内4本は作戦開始日が異なりますがキャンペーンシナリオです。
残り4本の内、2本は英第一空挺を扱ったA4サイズのミニシナリオ。
1本が今回の渡河シナリオ。もう1本が先日のHell's Highwayと余りまともなシナリオがありません。(個人の感想)

今回のプレイで発覚した、砲兵の打ち合いによる損害の多さは、シナリオでは弾数制限が無い為仕方が無いとしても、1ターン半日だからと言って許容できない(違和感を感じる)部分もあり、本ゲームではシナリオプレイは余りお勧めできません。(個人の感想)
かと言ってキャンペーンゲームでは多大な場所を占有するため、これまた普通の例会ではプレイできません。

また、ゲーム後に確認して知ったのですが、第30軍団の補給が今回のシナリオの様な状況ではユルユルである事が判明。
具体的にはZoCは移動不可地形には及ばない、第30軍団の補給線は移動不可地形を無視して引く事が出来る、です。
その為、ゲーム終盤の画像の様に渡河した部隊が補給切れ、と言う状況はほぼ発生しなくなると言う事です。
せめて移動不可地形か水障壁は補給線を通せないが妥当だと思うのですが…まぁ、個人の感想なので。

と言うようにプレイに難があるゲームですが、ルールその物は簡単なので、1度位はキャンペーンゲームをプレイしてみたい所です。
問題はプレイスペースと時間と対戦相手ですね…

追記:2015/09/02
後日購入したMMP社のSpecial Ops , Summer 2013 #4号に追加シナリオが4本掲載されていました。
連合軍の英第一空挺、近衛、米第82空挺、第101空挺の師団毎のシナリオです。
キャンペーンの前にこの辺を攻めてみたいと思います。

2015年8月20日 (木)

It Never Snows / MMP をソロプレイ? (その5)

えー、第1ターンには画像右からドイツ軍の増援が登場します。
うっかり忘れていたため、あっと言う間にDZ/LZが踏まれると言うポカをやりました。orz
なので、一寸だけ空挺の位置をずらして継続してます。

▼ドイツ軍ターン終了時。

Pict1112


とりあえず市内にこれ以上英軍を侵入させない事、市内の英軍の補給を切る事を主題に移動しました。
本ゲームでは空挺部隊には補給線の長さが指定されていません(無制限)ので、補給を切る為にはZoCで囲むしか有りません。

▼連合軍移動終了時

Pict1116


第2ターンで英第四空挺旅団が増援で登場します。
空挺降下で2個中隊が損失しましたが、おおむね順調。
DZ/LZを守りつつ、補給線を確保しながらアルンヘムの防御線に辿り着きます。
2か所で攻撃して市内の部隊に補給線をつなげようとします。

▼連合軍ターン終了時、アルンヘム市街

Pict1118


川沿いの攻撃は3:1でd1の結果、その下側では2:1でA1の結果と振るいません。
その為、市内の部隊に補給線をつなげる事が出来ずに補給切れ、となりました。
この後のドイツ軍はシナリオ 5.6 Hold Until Relieved に従って増援を登場させていけばよろしいかと思います。
1マップを広げたままで居られる部屋ならこのまま続けてもいいのでしょうが、今回はここまでなりました。
途中色々ありましたので、やはりルール確認の為にソロプレイしておいてよかったなぁ、と言った所です。
後残っている面倒くさいルールは渡河関連なので、週末の例会で渡河訓練かなぁ…
でも続けてプレイすると飽きるのよね…

追記:2015/09/02
後日購入したMMP社のSpecial Ops , Summer 2013 #4号に追加で英第一空挺シナリオが掲載されていました。
マップ1枚の半分くらいのサイズですが、全17ターンプレイするシナリオです。
(連合軍プレイヤーに対するいじめかな…)

It Never Snows / MMP をソロプレイ? (その4)

今日は雨が降る予報だったんですよ。
なので、It Never Snows / MMP の空挺降下部分をソロプレイ。
シナリオは有りませんので、ヒストリカルキャンペーンの配置で英第一空挺の降下を行ってみました。

▼初期配置

Pict1094


第一空挺は第1ターンに降下しますので、盤上にはDZ/LZ(降下地点)だけです。
なんでしょうね、このDZ/LZの位置は。まぁマーケットガーデンのゲームではいつもの事ですが…
第1ターンに降下してくるのは主に第一空挺旅団(パラシュート)と第一空輸旅団(グライダー)です。

空挺降下は散布(スカッター)チェックの他、損失チェックも有ります。
損失は地形によるもので、敵ユニットの上に降下したら除去です。一方で平地だと損失は発生しません。
敵ユニットに隣接して降下しても修正が無いのは一寸意外でした。
今回の損失は2ステップで済みました。

▼道路移動終了時

Pict1103


空挺降下した後、道路行軍(ロードマーチ)が出来ます。
が、道路行軍の条件が色々あって、移動できたのは4ユニットだけです。

▼連合軍ターン終了時

Pict1109


移動、戦闘、突破移動の終了後です。
1ターンが半日の本ゲームでは17日中の移動は1回だけです。
結果、アルンヘム市内に入れたのは、3個中隊半でした。
アルンヘムの道路橋は爆破されました。Σ(@o@)!!

続く(えっ?!)

2015年8月17日 (月)

YSGA例会にお邪魔してきました。

コミケ2日目、終戦記念日のこの日はYSGAさんの例会にお邪魔してきました。
お題はマイブームのIt Never Snows / MMP ()。
夏の暑さで頭がぼーっとしてしまうため、1マップのシナリオ、5.8 Hell’s Highwayを選択。
本当は会場の隅でルール確認でソロプレイできれば良いなぁ、程度でしたが、会長に連絡したら、しっかり対戦相手を用意してくれました。
私がドイツ軍、YSGAのS木さんが連合軍を担当しました。

▼初期配置時

Pict1086


盤上には101空挺が少数居るだけです。最初のターンは連合軍ターンは無く、ドイツ軍の侵入から始まります。
ドイツ軍は盤端の蛍光色マーカーの道路から侵入します。
マップ西(画面上)から侵入する部隊は大した戦力は有りませんが、マップ東(画面下)から侵入する部隊は装甲部隊中心でかなり強力です。

▼4ターン目終了時

Pict1089


画像中央のフェーヘル橋は完全にドイツ軍の支配下ですが、マップ北(画面右)から英近衛機甲が戻ってきます。
もっとも、連合軍の補給源はマップ南(画面左)のオレンジのマーカーの場所なので皆補給切れです。

▼ゲーム終了時

Pict1092


最終ターンの1つ前のターンです。
ウーデンまでの補給路はフェーヘル周辺でまだ切れたままです。
このターンにフェーヘル周辺のユニットを排除すれば連合軍の勝利段階が1段階上がるのですが、一寸無理そうだよね。と言う事で協議の結果ここまでとなりました。

S木さん、お相手ありがとうございました。

このシナリオ、割とあっさり補給線が切れるので、連合軍プレイヤー不利なシナリオと見ました。
しかし、他のショートシナリオがA4サイズが2本とマップ2枚を使うのに範囲はA3サイズという中途半端な物しか有りませんので、割とまともなシナリオだと思います。
あ、ドイツ軍は砲兵をスタックしてはいけません。空軍に狙い撃ちされます。(笑

キャンペーンシナリオは計ったらテーブルを6本使うとか非常識サイズですので、大きな会場でないと広げられません。
(しかし、何時かはプレイしたい)

この後はN村さん他1名を加えて戦艦狂騒曲を2戦。
1戦目は戦艦が建造できず、2戦目はネルソンを完成させるも高速小型化したビスマルクに勝てず、2敗しました。

秋葉原平日会

コミケを翌日に控えたこの日、夏休み中のN村さんと平日会()を開催。
お題はSign of Z (Zガンダムの戦術級)/ ツクダです。
かなり以前にオークションで手に入れてからすっかり存在を忘れてましたが…f^_^;)

命中判定は機体能力差/パイロット能力差で判定します。
被害は機体の能力、パイロットの体力/気力を削ぐ、気絶やパニックなどです。
各能力はユニットに記載されており、被害もマーカーで表示するため、他のツクダ戦術級の用にログシートを使用する事は有りません。

Img_0738


お互いに初プレイの為、ルールを読みながら開始。
簡単な初級ルールの宇宙空間でプレイしてみました。
1回のプレイが30分程度で終わる為、この日は飽きるまで複数回(5回くらい?)プレイしました。

Img_0739


プレイした感想としては
命中判定の際に距離による修正が無いのが一寸違和感を感じました。
エース機はともかく、量産機は移動力が少なく、同一機体でないと編隊がすぐ崩れます。
有効射程が20ヘックス程なので、高速機以外は正面からの打ち合いに終始してしまう事。
(最もこれは地上戦になると話は変わりますが…)

後はルール/ユニット共に誤植が多いのには閉口しました。
(百式のメガバズーカランチャーが火力42に対してガザCの火力が46とか)
と言う訳で、どなたかエラッタの存在を知りませんかね?

お相手して頂いたN村さん、ありがとうございました。

2015年8月10日 (月)

GGG例会に行ってきました。

日曜日にGGG例会に行ってきました。

得物は最近のマイブーム、It Never Snows / MMP です。

この日はデジカメを忘れたため、iPodの画像です。

今回はシナリオ5.6 Hold Until Relieved です。
暑い時期にフルマップ2枚以上のシナリオをプレイすると熱暴走を起こすので、小型のシナリオにしたのですが…小さすぎました。

状況としてはアルンヘム郊外に効果した英第1空挺の1個大隊がアルンヘム橋の袂に陣取っており、英軍はそこへ連絡線を通そうと市街に突入します。
一方独軍はフロスト大隊を抹殺し、英軍を市街地から追い払おうと周囲から圧力をかけます。
また橋の南にはグレーブナ隊が待機しています。
(遥かなる橋(早川書房)では丁度下巻の最初位です。)

今回もドイツ軍を担当しましたが、勝利条件的にはシナリオ終了時にアルンヘム橋北端のヘックスを占領している陣営が勝ちなので、ドイツ軍的には市内の英空挺に対してのみ攻勢をかけて、あとは連絡線がつながらない様に防御すればいいだけ、と言う偏ったシナリオでした。

▼画像は終盤、下側で連合軍の補給切れマーカーが乗っているのが市内に籠る英空挺隊。
この時点で残り1ステップ。この後ドイツ軍の攻撃で除去されました。

Img_0731

連合軍担当のN村さん、お相手ありがとうございました。

午後からはN村さん持参のゲームをプレイ。
1つ目は前回の坂戸でもプレイした戦艦狂騒曲。
こちらは都合2戦して2戦目にシャルンホルストが採用されました。
ちなみに私がプレイしたのは都合3回目ですが、軍縮条約が破棄された事は有りませんでした。
写真は忘れましたf^_^;)

2つ目は同系統で戦艦ではなく、戦闘機を作る競争試作をプレイ。
Forger航空技研は第1期の主力戦闘機(メッサー109)を獲得するも、敵国の戦闘機にバタバタと落とされ、敗戦が濃厚に。
そんな中迎撃戦闘機(フォッケ190)や対重爆撃機戦闘機(ムスタング)が正式採用されます。
結果戦争では敗戦するも勝利得点では同率1位となりました。

▼画像はForger航空技研から正式採用された戦闘機。

Img_0732

お相手いただいた諸氏、ありがとうございました。

おまけ

「LogSheetsA4.pdf」をダウンロード

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ