« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月21日 (月)

ディエップ1942を(途中まで)プレイしてきました。

友人のHarpoonArrowさんが代表のソフィアゲームクラブ()にお邪魔してきました。
『ソフィアゲームクラブでは案外、ボードゲーム、カードゲームの立卓も多いです。
 開場直後の参加者がまばらな時間帯に軽いカードゲームで暖気、
 人数が揃ったら歯応えのあるボードゲームという流れが定番です。』(Twitterより)
この日は午後からでしたから、私がお邪魔したのは昼から夕方までとなりました。

お題は「コマンド・ソリテア 第1号 ジュビリー作戦:ディエップ1942」(国際通信社)()です。
ゲームサークル会場でソロゲーを拡げるとは何事だ!
と怒られそうですが…このゲーム場所をとるのよ…
▼ゲーム展開状態、マップはA2サイズ(420x596mm)を長辺で2枚つなげるので、プレイスペースとしては50x150cmくらい必要です。

Pict1160


ゲームは20分/ターン、400m/ヘックス、中隊~大隊規模となっています。
テーマは「1942年08月19日、イギリス連邦軍によって行われたドイツ軍支配下のフランスの都市ディエップに対する上陸作戦をテーマにしたソリテア(一人用)ゲームです。」(説明文より)
マーカー込200個程度で作戦を再現します。
ちなみに解説文によれば、
1.ディエップ市内の敵防御拠点の破壊
2.ディエップ郊外にある飛行場施設の破壊
3.市内の主要施設(5箇所)の破壊
4.バージ(艀)の回収
5.敵司令部から機密書類の奪取
6.捕虜及び装備の獲得

を目的にして、作戦は午前中に終える、という今から考えると、どんだけ無理ゲー?って感じです。

マップはディエップ市内エリアと左右のイエロー/オレンジ地区の3つのエリアに分かれています。
市内エリアには第2カナダ歩兵師団が、左右のエリアにはコマンド部隊が上陸します。

今回のプレイでは左右のコマンド部隊は順調に上陸、第3ターンには目標である沿岸砲台に取り付きます。
▼第3ターン終了時

Pict1166


Pict1167


しかし、その後イエロー地区でドイツ軍の反撃に合い、最終的にはイエロー地区から帰還できたのは1部隊だけとなります。
▼第8ターン終了時

Pict1180

Pict1181

一方市内エリアは苦戦が続きますが、
▼第4ターンにカジノを奪取

Pict1170


▼第6ターンには市街地に突入

Pict1176


▼第8ターン終了時

Pict1182


今回のプレイでは戦車は突入できていませんし、損害も多数出ていますが、連合軍は割とうまく進んでいます。
しかし、8ターンプレイした所で気力が尽きて終了としました。
ちなみに8ターンに3時間かかりました。
(この10日程前にも1度プレイしたのですが、その時は5ターンで投了、4時間近くかかりました)

このディエップ上陸作戦については付属の解説文以上の事は知りませんしゲームを最後までプレイしていないので、ゲームが上手く再現できているかどうかは評価できませんが、プレイ時間2時間は嘘だろ、オイ!って感じです。

今回私がこのゲームを購入したのは、同じDecision Games から出ている「D-Day at Omaha Beach」()をプレイする前に手軽にプレイしてシステムの確認を、と思ったのですが…こうも場所も時間をとられると、気楽にプレイする事はできません…orz
とは言え、機会が有ればまたプレイしたいものです。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

無料ブログはココログ