« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月 1日 (木)

The Hardest Days: Solitaire Battle of Britain

1940年08月12日 英国 スタンモア戦闘機司令部

2100 司令部から緊急の呼び出し。
直ちに出頭すると、
 意訳:上官「明日、戦闘機隊の指揮お願い」
 意訳:私「は?」
 意訳:上官「打ち合わせでロンドンに行くんだ」
 意訳:私「いや、待って下さい」
 意訳:上官「じゃ後はよろしく~」 ぶぅ~~~ん
 意訳:私「…」
ドイツ空軍の活動も活発になりつつあるこの時に1日だけとは言え、本土防衛の責任を負うとは…胃が痛くなる。
明日も今日と同様に平穏であることを祈ろう、うん。

1940年08月13日 英国 スタンモア戦闘機司令部

0500 起床
先の大戦(第一次大戦)で知り合った日本海軍の仕官は勤勉で向上心が旺盛だった。
今は我が方の地上勤務員も負けず劣らず勤勉で向上心が強い。
夜の明けぬ時間から戦闘機の露を払い整備点検に勤しんでいる。
ドイツ軍はいつ、どこから来るのか判らないのだ。
気象予報官の報告によれば、サウザンプトンの方面で薄い曇が有る他は快晴状態、との事だ。
天気が良ければ敵を見つけ易いが、爆撃もまた容易い。何事も無ければ良いが…

0900 すっかり日が昇ったが、ドイツ軍の空襲はまだ無い。
早ければ夜明けと共に威力偵察を兼ねた小規模な空襲がある日も有るのだが、今日はまだそれらしい動きが無い。
レーダー観測員も大陸のレジスタンスからもまだ連絡は無い。
ひょっとしたら今日はドイツの祝日では無いのか?いや、きっとそうに違いない。
そのまま一日寝てしまえ!と本気で思った。
だがポットに手を伸ばした時、連絡員が「敵襲です!」と落ち着いた強張った声でドアを開けた。

1000 ドイツ軍の空襲だ。
観測された襲撃(レイド)は2方向、数は共に200機を越す大群だ。
果たして我が方の戦闘機隊で数は足りるのだろうか?

1130 ドイツ軍の空襲部隊は去っていった。
確認されたドイツ軍の飛行団は14個。
対して損害は軽微と言って言い状態だ。全ての飛行隊が戻り、地上の損害も少ない。
この程度であれば何とか今日一日は持つだろう、そう思った時だった。
「第二波が確認されました。」連絡員はそう言ってドアを開けた…

1200 本日2度目の空襲。先の空襲警報が解除されて直ぐ警報が発令される。
勤勉なドイツ軍だ。そんな勤勉さ捨ててしまえ!本気でそう思った。
観測された襲撃はまたもや2方向。内1つは南方から、第三航空艦隊らしい。
規模も先ほどと同様、大規模な襲撃だ。

1300 空襲が続く中、連絡員が「未確認の空襲です!」と大声で叫ぶ。
レーダー網の隙間を抜けたか!畜生、そっちに回す飛行隊は無いのだ!
続く報告では規模は小さいらしい。地上の被害が少なくて済む事を祈る事しかできん。

1500 既に襲撃は1時間前に終わっている。
飛行隊に損害が出たらしい。未帰還の飛行隊がある、との報告だ。
確認されたドイツ軍の飛行団は追加を含めて合計17個。
次の空襲がいつまた来るか判らない。
今のうちに各飛行隊に補給と整備を急がせているが果たして間に合うだろうか?
あと4時間程で日没、航空作戦は出来なくなる。
少しは手を抜いてもらえないだろうか?本気でそう思った。
しかし「第3波の出撃が確認されました」そう告げる連絡員の声は低かった。

1600 本日3度目の空襲。
再び2方向からの襲撃だが、規模が違う。両方とも300機近い数だ!
ドイツ軍め、メインディッシュをこんな時間に持って来るとは。
だが、おそらく、これを乗り切れば今日の襲撃は無いだろう。
各飛行場に対して全力での出撃を命じる。

1730 空襲部隊は去っていったが、被害は甚大だった。
確認されたドイツ軍の飛行団は20個。
7個の飛行隊が散り散りになって基地に戻ってこない。
地上の被害も増えている。
もう今日は勘弁して欲しい。本気でそう思った。
「第4波が確認されました。」
伝える連絡員は声も手も震えていた。

1800 本日4度目の空襲。
幸いにして小規模の空襲部隊が1つだけだ。
2度目の空襲から帰還した部隊を再出撃させる。今は君たちだけが頼りだ。

1930 既に日は沈み、夜の帳が降りた。
確認されたドイツ軍の飛行団は3個。
最後の空襲は兎も角、今日一日の飛行隊に対する損害は大きく、地上の被害も甚大だ。
おそらく後の人はこの日を「災厄の始まり」と呼ぶだろう、ドイツ軍に占領されなければ。

2000 上官がロンドンから戻る。
意訳:上官「もっとがんばりましょう、だな」
意訳:私「はぁ。」
こうして私の長い一日は終わった。

The Hardest Days: Solitaire Battle of Britain(
World at War #19 付録
08月13日シナリオ
ドイツ軍大損害 2グループ 計4VP
ドイツ軍軽損害 8グループ 計8VP

イギリス軍軽損害 8グループ 計-8VP
爆撃損害 計-10VP
総計-6VP

プレイ時間 約4時間 (なおプレイ中の画像はありません)

本ゲームにはバトルオブブリテンの主要な5日(連続していない)のシナリオがあります。
今回は最初の1日、後に「鷲の日(Eagles Day)」と呼ばれる日のシナリオです。
昔プレイしたRAF / HobbyJapan/WestEnd ()(の記憶)と比べるとイギリス軍は飛行隊の再使用が短時間で済みます。
しかし、イギリス軍が厳しいのは変わりません。(デザイナーは同じですからf^_^;))
RAF と同様ソロプレイゲームなのでバトルオブブリテンの苦労を味わいたい人以外にはお勧め出来ませんが、システムは悪くないので、コマンド・ソリテアで日本語版を出してくれませんかね?
ターゲット・イランよりはメジャーテーマだと思いますよ。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

無料ブログはココログ