ソロプレイ

2019年9月24日 (火)

バトル・オブ・ブリテン1940

今年の猿遊会に行った時、友人に「ひょっとしてバトルオブブリテンが心のゲームだったりします?」と聞かれた。いえいえ、バトルオブブリテンは好きですが心のゲームという程では有りませんよ。お気になさらず。
その前日位にあくしず54号にバトルオブブリテンのゲームが付くと知って「絶対買います!」とツイートしたからなぁ。

という訳で今回のお題はバトル・オブ・ブリテン1940/イカロス出版()です。

Photo_20190924210401
テーマは1940年の英国上空の戦い「バトルオブブリテン」で、プレイヤーはドイツ空軍を指揮するソロプレイゲームです。
逆の立場のゲーム()はプレイした事が有りますが、今回はどうなる事やら…

21日に本誌を購入して22日にプレイして23日にAARを書いて、これで台風対策(予報では3日間雨が降る)はバッチリ!とか思ったのですが…プレイに手間取って目論見が頓挫。
ツイートでお茶を濁すも、ここで諦めては私がダメゲーマーだと知らない人達に要らぬゲームに対する誤解を与えてしまうのでは…という訳で今に至る訳です。

さて、今回のプレイに関してですが…
先ずドイツ側の砲身、もとい、方針を決めます。私はプレイ中によく方針がブレてしまう事が有ります(臨機応変に対応、ではない)ので、キチンと決めます。
主目標:レーダー、副目標:航空基地。戦闘解決はアドラーのA、カエサルのC、ブルーノのBの順番。で決定。
RAFを完膚なきまで叩きのめすぞー!おー!
←この時点では勝利条件を知りません

第1ターンはほぼ全力出撃。A,Cゾーンでは敵のモラル低下を狙います。
流石に全力出撃の効果は高く、Cゾーンでは航空基地に2ダメージを与えるなどまずまずの戦果をあげます。

Photo_20190924210503

↑は第1ターンAゾーンの空中戦、ドイツ軍は3個、英軍は4個撃退され、

Photo_20190924210504

↑シュトゥーカに対しての迎撃に失敗(!)、He111はかろうじて2個撃退します。レーダー施設は2損害を受けました。


第2ターンからローテーション。ドイツ空軍は事前計画の通りに航空機を配分します。
1回出撃すると、次のターンはお休みとなる為、出撃のローテーションを組みました。
A,B,Cの3つのゾーンに奇数ターン、偶数ターンの出撃なので、単純に考えて部隊を6つに分けます。ただしBゾーンには出撃出来ない部隊が有るのですがその分調整をします。

第3ターン位から計画が崩れ始め航空機のやり繰りが難しくなって来ます。
第2航空艦隊は敵戦闘機を誘き出すAゾーンと出撃できる航空機に制限のあるBゾーンを担当している為、悩みます。

第4ターン迄来ると比較的順調に進んでいる第3航空艦隊の戦闘機を第2航空艦隊に引き抜いたりし始めます。
ターンは進み、第7ターン。

Photo_20190924210501

第2航空艦隊はMe109を掻き集めてAゾーンのレーダー爆撃に向かうシュトゥーカを護衛します。
対する英軍は最後の10個編隊で迎撃、しかしドイツ軍の奇襲により内3個が撃退されます。
残ったのはスピットファイア3個、ブレニム2個、ディファイアント(!)2個。

Photo_20190924210502

メッサー1個を撃退、シュトゥーカ3個を全滅させて爆撃を阻止します。
最終的には、英国のモラルを3下げたものの、第2航空艦隊側の航空基地は無損害だったりして合計3VP、ドイツ軍の戦略的敗北に終わりました。
これ、途中でヒトラーに解任されてるよね。

1回プレイしただけの感想ですが、英国面と異なるドイツ側の苦悩を知れる良いゲームだと思います。価格も安く、ルールもさほど難しくはありません(勝てるかどうかは別)。印刷も綺麗だし(ユニットはペラペラなんで、私は厚紙で自作しましたけどね)。
バトルオブブリテンに興味のある方は買っても損は無いと思いますよ~。

追記:ゲームプレイ中に英軍機の帰還方法が判らなくなったので、編集部に聞いてみました。(
プレイされる方は注意してね。

2018年12月 2日 (日)

"グリーンランドのナチ"-Greenland-/Sierra Madre Games

先日、坂戸例会で「グリーンランドのナチ」は酷かった、と言う話を聞いたので、怖いもの見たさでソロプレイをしてみました。
 
ゲームはシエラマドレ社のGreenLand()。
本来は第3版でプレイするのですが、私は第1版しか持っていないので、第1版でプレイしてみました。
和訳作成はN村氏、こちらのブログ()もどうぞ。
 
グリーンランド自体は何度もプレイしているので、「グリーンランドのナチ」に必要なC章、L章を読んでみました。
厳しいけどこんなもんじゃないの?と言うのが正直な感想。
だってシエラマドレだもん。
 
さて、プレイするのはいいけれど部屋では狭いので、秋葉原のマンガ喫茶で広げてみました。
↓は1回目。
Img_1554
この日は都合3回プレイしました。
設定はいずれもチューレ人とノース人を登場させてます。
 
まずは1回目。ノース人の家畜はアイスランド羊を選択。
第1ターンにいきなりノース人ハンターの2/3 が戦死したりしたものの、何とか存続。
しかしナチの資源は枯渇せず最終ターン後のゲッペルス演説でノース人が降伏。
ナチス側の勝利に。
Img_1583
 
お昼を挟んで2回目。ノース人の家畜は燃料要らずで人口が増える山羊を選択。
第1ターンから温暖化と幸先よくスタートしますが、調子に乗ったノース人がカナダ(ヴィンランド)に行ったら3人が戦死というお粗末な結果に。
「カナダの親ナチス派は武闘派だった」と残った1人は告げて亡くなった。
一方のチューレ人は資源の使い方を間違えたりして混乱。
最終ターンまでにナチの資源を枯渇させる事は出来ず、また、ゲッペルスの演説でチューレ人が降伏。
とチューレ人には散々な回でした。
Img_1610
 
続けて3回目。ノース人は今度は欲張ってグリーンランドポニーを選択。
そしたらなんと第1ターンにノース人相手にゲッペルスの演説が。
Img_1613
いやいや、さすがにそれは勘弁して下さい、と神の手発動。
しかしノース人は今回は不幸続き。
欲張ってグリーンランドポニーを選択した為エネルギーを喪失、そこにリーダーかエネルギーの喪失イベント、アルファ以外のハンターの戦死、大量死イベントの発生でついにはノース人全滅に。
残ったチューレ人も頑張るが、ハンターは増えない、ナチの資源は枯渇しない、最後にゲッペルスの演説で降伏とこれまた残念な結果に終わりました。
Img_1634
 
と言う訳で3回プレイしてプレイヤーサイドは1度も勝てませんでした。
でもまぁシエラマドレだし、こんなもんじゃないの?
 
ちなみに聞いていたワンダリングナチ(3,6の目でハンター死亡)ですが、カナダ(マルクランド、ヴィンランド)は普段から3,6で死亡なのでそれほど違和感は感じませんでした。
(私だけかも…)
N村さん、翻訳ありがとうございます。(礼)

2018年6月16日 (土)

"Bulge - The Battle for the Ardennes 16 Dec. '44 - 2 Jan. '45 -" /HobbyJapan/SPI さわりだけ

今日は寒いですね。梅雨寒ってやつですかね。
こういう日は散歩に向いてると思うのですが、散歩せずに引きこもってます。f^ ^;)

Img_0787

1983年製、Basic3のバルジとして知られています。
随分以前に譲ってもらったのですが、プレイしたことはほぼありません。
なので一昨日位から仕事から帰ってくるとルールを読んでなんとかソロプレイレベルまで来たので、序盤だけでもとプレイしてみました。

相変わらずプレイの後にルールの間違いを見つけて「あちゃー↓」となってますけど。

第1ターンのドイツ軍の攻撃はまぁ妥当と言えば打倒なところで終わりますが、

Img_0791


その裏の米軍の攻撃でファンブルを連発。
なんとルクセンブルクからほぼ米軍が除去されます。

Img_0796_2

第2ターンのドイツ軍はその穴に向かってSS12装甲が進撃、バストーニュまでたどり着きます。
Img_0799

その裏の米軍ターンで南方の穴をうすーく塞ぎます。

Img_0800
Img_0801

第3ターンのドイツ軍。
よく見ると米軍の戦線は塞ぎ切れておれず突破が可能な事を発見!
しかし、ここで突破しても補給線が確保できないと判断。
守備隊の撃滅に回り北方にどか穴を開けます。
対する米軍は増援を使って再びうすーく塞ぎます。

Img_0804
Img_0805

ここまでで大体4時間。
時間制限の為今回はここまでとしました。

画像は再びiPod touch 4th。今回はLEDライトを輪ゴムでくくりつけて撮影しました。

あ、今NHKのアニソンアカデミー聞いてます。ゲストは鈴木このみ。

2018年6月10日 (日)

"The Battle of the Bulge - Panzers in the Snow On 16th December 1944 - " / 翔企画 をソロプレイ その2

や、今朝は涼しかったですね。なんでも今日の最高気温は昨日より10度も低いとか。
そんな訳でSSバルジに再挑戦です。
Image1



昨日に比べて順調に推移。サンビットに2個装甲師団が取り付きます。

Image2



第2ターンには北部で大穴が開きます。

Image3



しかしながら第3ターンから始まる燃料制限の為、急に矛先が鈍くなり、

Image4

Image5



第4ターンはほぼ停滞。あれあれあれ?

Image7



残り2ターンでの勝利は難しい(サンビットとバストーニュしか取れてない)為、
今回はここまでとしました。

大きなルール間違いは無い為、ドイツ軍の攻撃の仕方に問題があるのだと思います。
あと書いてて気が付いたのですが、装甲擲弾兵は罠ですね。
次はその辺に気を付けてプレイしてみます。

今朝4時に起きてプレイしたのでさすがにこの後二度寝しました。
因みに今回の画像はiPad mini 第1世代で撮りました。

2018年6月 9日 (土)

"The Battle of the Bulge - Panzers in the Snow On 16th December 1944 - " / 翔企画 をソロプレイ

や、暑いですね。今日は引きこもって翔企画のバルジの戦い(通称SSバルジ)のソロプレイに挑戦してみました。
02年のコマンド46号()で再版されてますが、今回は90年の初版()です。

ずいぶん昔に1度だけプレイした記憶があるのですが、初期配置を終えて「あれ?こんなだったっけ?」状態に。どうもどこかで記憶が入れ替わってしまった様です。
ところで初期配置がずいぶん見難いんですが…

Img_0775

さてプレイ開始。
第1ターン終了時に北部サン・ビットに隣接するのが、南部はオウル河を渡るのが精一杯。
まぁ相変わらずのサイの目の悪さなんですがね。

Img_0776

Img_0777

第2ターン、北部は戦線後方の補給処に辿り着きますが、迂闊な機動の所為で装甲師団が続く事が出来ずに戦線が塞がれます。
南部はクレルフ川を渡るのが…以下略
こんなんで第6ターンまでにミューズ河を渡れるかい!

Img_0778

Img_0780

とここまで来る第2ターンの途中でルールの間違いに気が付きましてね。
それが割と重要なルールだったんで今回はここまでとしました。

ちなみに今回の画像はiPod touch 第4世代で撮ったんですが…こんなに画像悪かったっけ?

2015年10月 1日 (木)

The Hardest Days: Solitaire Battle of Britain

1940年08月12日 英国 スタンモア戦闘機司令部

2100 司令部から緊急の呼び出し。
直ちに出頭すると、
 意訳:上官「明日、戦闘機隊の指揮お願い」
 意訳:私「は?」
 意訳:上官「打ち合わせでロンドンに行くんだ」
 意訳:私「いや、待って下さい」
 意訳:上官「じゃ後はよろしく~」 ぶぅ~~~ん
 意訳:私「…」
ドイツ空軍の活動も活発になりつつあるこの時に1日だけとは言え、本土防衛の責任を負うとは…胃が痛くなる。
明日も今日と同様に平穏であることを祈ろう、うん。

1940年08月13日 英国 スタンモア戦闘機司令部

0500 起床
先の大戦(第一次大戦)で知り合った日本海軍の仕官は勤勉で向上心が旺盛だった。
今は我が方の地上勤務員も負けず劣らず勤勉で向上心が強い。
夜の明けぬ時間から戦闘機の露を払い整備点検に勤しんでいる。
ドイツ軍はいつ、どこから来るのか判らないのだ。
気象予報官の報告によれば、サウザンプトンの方面で薄い曇が有る他は快晴状態、との事だ。
天気が良ければ敵を見つけ易いが、爆撃もまた容易い。何事も無ければ良いが…

0900 すっかり日が昇ったが、ドイツ軍の空襲はまだ無い。
早ければ夜明けと共に威力偵察を兼ねた小規模な空襲がある日も有るのだが、今日はまだそれらしい動きが無い。
レーダー観測員も大陸のレジスタンスからもまだ連絡は無い。
ひょっとしたら今日はドイツの祝日では無いのか?いや、きっとそうに違いない。
そのまま一日寝てしまえ!と本気で思った。
だがポットに手を伸ばした時、連絡員が「敵襲です!」と落ち着いた強張った声でドアを開けた。

1000 ドイツ軍の空襲だ。
観測された襲撃(レイド)は2方向、数は共に200機を越す大群だ。
果たして我が方の戦闘機隊で数は足りるのだろうか?

1130 ドイツ軍の空襲部隊は去っていった。
確認されたドイツ軍の飛行団は14個。
対して損害は軽微と言って言い状態だ。全ての飛行隊が戻り、地上の損害も少ない。
この程度であれば何とか今日一日は持つだろう、そう思った時だった。
「第二波が確認されました。」連絡員はそう言ってドアを開けた…

1200 本日2度目の空襲。先の空襲警報が解除されて直ぐ警報が発令される。
勤勉なドイツ軍だ。そんな勤勉さ捨ててしまえ!本気でそう思った。
観測された襲撃はまたもや2方向。内1つは南方から、第三航空艦隊らしい。
規模も先ほどと同様、大規模な襲撃だ。

1300 空襲が続く中、連絡員が「未確認の空襲です!」と大声で叫ぶ。
レーダー網の隙間を抜けたか!畜生、そっちに回す飛行隊は無いのだ!
続く報告では規模は小さいらしい。地上の被害が少なくて済む事を祈る事しかできん。

1500 既に襲撃は1時間前に終わっている。
飛行隊に損害が出たらしい。未帰還の飛行隊がある、との報告だ。
確認されたドイツ軍の飛行団は追加を含めて合計17個。
次の空襲がいつまた来るか判らない。
今のうちに各飛行隊に補給と整備を急がせているが果たして間に合うだろうか?
あと4時間程で日没、航空作戦は出来なくなる。
少しは手を抜いてもらえないだろうか?本気でそう思った。
しかし「第3波の出撃が確認されました」そう告げる連絡員の声は低かった。

1600 本日3度目の空襲。
再び2方向からの襲撃だが、規模が違う。両方とも300機近い数だ!
ドイツ軍め、メインディッシュをこんな時間に持って来るとは。
だが、おそらく、これを乗り切れば今日の襲撃は無いだろう。
各飛行場に対して全力での出撃を命じる。

1730 空襲部隊は去っていったが、被害は甚大だった。
確認されたドイツ軍の飛行団は20個。
7個の飛行隊が散り散りになって基地に戻ってこない。
地上の被害も増えている。
もう今日は勘弁して欲しい。本気でそう思った。
「第4波が確認されました。」
伝える連絡員は声も手も震えていた。

1800 本日4度目の空襲。
幸いにして小規模の空襲部隊が1つだけだ。
2度目の空襲から帰還した部隊を再出撃させる。今は君たちだけが頼りだ。

1930 既に日は沈み、夜の帳が降りた。
確認されたドイツ軍の飛行団は3個。
最後の空襲は兎も角、今日一日の飛行隊に対する損害は大きく、地上の被害も甚大だ。
おそらく後の人はこの日を「災厄の始まり」と呼ぶだろう、ドイツ軍に占領されなければ。

2000 上官がロンドンから戻る。
意訳:上官「もっとがんばりましょう、だな」
意訳:私「はぁ。」
こうして私の長い一日は終わった。

The Hardest Days: Solitaire Battle of Britain(
World at War #19 付録
08月13日シナリオ
ドイツ軍大損害 2グループ 計4VP
ドイツ軍軽損害 8グループ 計8VP

イギリス軍軽損害 8グループ 計-8VP
爆撃損害 計-10VP
総計-6VP

プレイ時間 約4時間 (なおプレイ中の画像はありません)

本ゲームにはバトルオブブリテンの主要な5日(連続していない)のシナリオがあります。
今回は最初の1日、後に「鷲の日(Eagles Day)」と呼ばれる日のシナリオです。
昔プレイしたRAF / HobbyJapan/WestEnd ()(の記憶)と比べるとイギリス軍は飛行隊の再使用が短時間で済みます。
しかし、イギリス軍が厳しいのは変わりません。(デザイナーは同じですからf^_^;))
RAF と同様ソロプレイゲームなのでバトルオブブリテンの苦労を味わいたい人以外にはお勧め出来ませんが、システムは悪くないので、コマンド・ソリテアで日本語版を出してくれませんかね?
ターゲット・イランよりはメジャーテーマだと思いますよ。

2015年9月21日 (月)

ディエップ1942を(途中まで)プレイしてきました。

友人のHarpoonArrowさんが代表のソフィアゲームクラブ()にお邪魔してきました。
『ソフィアゲームクラブでは案外、ボードゲーム、カードゲームの立卓も多いです。
 開場直後の参加者がまばらな時間帯に軽いカードゲームで暖気、
 人数が揃ったら歯応えのあるボードゲームという流れが定番です。』(Twitterより)
この日は午後からでしたから、私がお邪魔したのは昼から夕方までとなりました。

お題は「コマンド・ソリテア 第1号 ジュビリー作戦:ディエップ1942」(国際通信社)()です。
ゲームサークル会場でソロゲーを拡げるとは何事だ!
と怒られそうですが…このゲーム場所をとるのよ…
▼ゲーム展開状態、マップはA2サイズ(420x596mm)を長辺で2枚つなげるので、プレイスペースとしては50x150cmくらい必要です。

Pict1160


ゲームは20分/ターン、400m/ヘックス、中隊~大隊規模となっています。
テーマは「1942年08月19日、イギリス連邦軍によって行われたドイツ軍支配下のフランスの都市ディエップに対する上陸作戦をテーマにしたソリテア(一人用)ゲームです。」(説明文より)
マーカー込200個程度で作戦を再現します。
ちなみに解説文によれば、
1.ディエップ市内の敵防御拠点の破壊
2.ディエップ郊外にある飛行場施設の破壊
3.市内の主要施設(5箇所)の破壊
4.バージ(艀)の回収
5.敵司令部から機密書類の奪取
6.捕虜及び装備の獲得

を目的にして、作戦は午前中に終える、という今から考えると、どんだけ無理ゲー?って感じです。

マップはディエップ市内エリアと左右のイエロー/オレンジ地区の3つのエリアに分かれています。
市内エリアには第2カナダ歩兵師団が、左右のエリアにはコマンド部隊が上陸します。

今回のプレイでは左右のコマンド部隊は順調に上陸、第3ターンには目標である沿岸砲台に取り付きます。
▼第3ターン終了時

Pict1166


Pict1167


しかし、その後イエロー地区でドイツ軍の反撃に合い、最終的にはイエロー地区から帰還できたのは1部隊だけとなります。
▼第8ターン終了時

Pict1180

Pict1181

一方市内エリアは苦戦が続きますが、
▼第4ターンにカジノを奪取

Pict1170


▼第6ターンには市街地に突入

Pict1176


▼第8ターン終了時

Pict1182


今回のプレイでは戦車は突入できていませんし、損害も多数出ていますが、連合軍は割とうまく進んでいます。
しかし、8ターンプレイした所で気力が尽きて終了としました。
ちなみに8ターンに3時間かかりました。
(この10日程前にも1度プレイしたのですが、その時は5ターンで投了、4時間近くかかりました)

このディエップ上陸作戦については付属の解説文以上の事は知りませんしゲームを最後までプレイしていないので、ゲームが上手く再現できているかどうかは評価できませんが、プレイ時間2時間は嘘だろ、オイ!って感じです。

今回私がこのゲームを購入したのは、同じDecision Games から出ている「D-Day at Omaha Beach」()をプレイする前に手軽にプレイしてシステムの確認を、と思ったのですが…こうも場所も時間をとられると、気楽にプレイする事はできません…orz
とは言え、機会が有ればまたプレイしたいものです。

無料ブログはココログ