Operation Combat Series

2017年12月31日 (日)

Sicilly II キャンペーンプレイ:第14~16ターン

2017年のForgerの目標の1つはSicily 2のキャンペーンゲームのプレイです。
 
12月10日に前回の続きで第14~最終の第16ターンまでプレイしました。
 
因みに枢軸軍の戦闘報告書は既にアップロードされています。市川氏()N村氏()のブログも参照して下さい。
なんで今頃AARをアップロードしているのかと言うと、私の筆が遅いからにほかなりません
いや~、負け戦の報告書って書きにくいでしょ?
 
さて、プレイの方はエトナ山の東西で艦砲を打ち込んだり空軍の戦術爆撃を行なったりと、色々努力した結果、エトナ山の西側は振るわなかったものの、東側では第一戦線を突破して後方の砲兵にまで近づきます。
Pict1413
 
Pict1414
 
対する枢軸軍は移動力の関係から広く薄い戦線を形成。最も地形の関係で簡単には抜けそうにないのですが…
Pict1416
 
などとやっている間に西側では病気療養から復帰した枢軸軍西部司令官がアクティブに防御を開始。米軍砲兵隊の脇から戦線後方に突撃砲大隊が侵入、Canicatti村郊外で米軍補給線をカットします。
Pict1417
 
指摘されて初めて分かる補給線の経路。苦悩の表情を浮かべる米軍司令官。振るわないサイコロ。
Pict1418b
結局1個師団相当の戦力と補給品を失ったものの、突撃砲大隊の除去には成功しますが、その分パレルモ攻略の戦力が削がれ、パレルモは残り1ステップで耐えます。
映画化決定の名場面でした。
あ、英軍はエトナ山の東西で戦線を押し上げる事に成功。エリートの第一降下猟兵は怖くてよけて通ります。
Pict1419_2
 
その後、包囲された第一降下猟兵の1個カンプグルッペは投降します。
Pict1421
 
さて最終ターン、突破部隊も編成し艦砲を打ち込んで正面の2スタックを混乱させた英軍ですが、続くリアクションフェイズで攻撃部隊が2個とも混乱させられます。
Pict1423
原因はイタリア軍の30火力砲兵。一旦は除去したのですが、いつの間にか西部戦線から引っこ抜いて予備に紛れてました。
予定では戦線を突破して、エトナ山の北側からシシリー島の北岸にでられるはずだったのですが…ぐぬぬ。
 
連合軍の攻撃が終了したところでゲーム終了。
結局ゲーム中にメッシナに辿り着く事は出来ず、枢軸軍の勝利で終わります。
Pict1424
 
本キャンペーンだけで10か月、練習も含めれば1年以上かかりましたが、何とか終える事が出来ました。
 
参加された皆さん、お疲れ様でした。そしてこれからも宜しくお願いいたします。
個人的には「理屈ではこれで大丈夫なはず」で作ったキャンペーン用のログシートが大丈夫だった事が大きな成果でした。

2017年11月 3日 (金)

Sicilly II キャンペーンプレイ:第11~13ターン

2017年のForgerの目標の1つはSicily 2のキャンペーンゲームのプレイです。
 
10月15日に前回の続きで第10~13ターンまでプレイしました。
 
因みに枢軸軍の戦闘報告書は既にアップロードされています。市川氏()のブログも参照して下さい。
 
本キャンペーンも5回目でついに欠席者(N村氏、風邪でダウン)が出て当日は3人でのプレイ(枢軸軍は全て市川氏担当)となりました。
 
さて、プレイの方は備蓄が尽き始めた英軍は艦砲と航空機による事前砲爆撃を多用して正攻法でシシリー島東部の枢軸軍を叩きます。
Pict1397_2
 
その混乱でうっかりカタニア市に部隊を入れ忘れた枢軸軍の隙を突いて英第50歩兵師団がカタニア市を占領します。
Pict1398_2
 
対する枢軸軍は1ヘックスずつゆっくりと後退。遅滞戦術で時間を稼ぎます。
Pict1399
 
英軍としてはここらで裂け目を作って突破したいところですが、如何せん補給物資が少ない上に相手は川越えの障害地形とあっては矛先も鈍るというもの。
敵の後退に沿って間を詰めるのが精一杯です。
Pict1401
 
枢軸軍はこのターンも戦線整理。部隊が減ってきたのか、ヘルマン・ゲーリング師団が分散され始めました。
Pict1403
 
エトナ山西側へ向かうカナダ第1師団との連絡が難しくなって来たため、第30軍団司令部をカナダ第1師団の後方にスイング、空挺歩兵で増強して突破を試みますが、事前砲爆撃が外れ。
エトナ山南の部隊を半包囲するしかできません。
Pict1405
 
その半包囲した部隊も続く枢軸軍ターンで脱出。ガクッと肩を落とす英軍でした。
Pict1406
 
一方、米軍はこのターンに突破に成功。イタリア沿岸師団を文字通り蹴散らしてパレルモに向かって大きく前進します。
史実より1ヶ月程遅いけどね。との米軍プレイヤーHA氏の談。
Pict1407
 
これで英軍正面の枢軸軍が引き抜かれる事を期待したのですが、その考えは砂糖よりも甘かった様です。
 
そんなこんなで13ターンも終わり。
ここで止めても勝利条件的には枢軸軍の勝利で終わるのですが、折角米軍が突破したのだから何処まで行くのか見てみたい、と言う事と、N村氏お休みで終わらすのはもったいない、と言う事で記録を取ってこの日は終わりになりました。
 
後日のN村氏曰く、撤退戦で最も美味しい所で欠席してしまったのでは?との事。
次回は決着編です。
果たして米軍は英軍より先にメッシナにたどり着けるのか?乞うご期待!
(と書いて米軍プレイヤーにプレッシャーをかける英軍であった。)

2017年8月11日 (金)

Sicilly II キャンペーンプレイ:第8~10ターン

2017年のForgerの目標の1つはSicily 2のキャンペーンゲームのプレイです。

8月6日に前回の続きで第8~10ターンまでプレイしました。

因みに枢軸軍の戦闘報告書は既にアップロードされています。N村氏()、市川氏()のブログも参照して下さい。

この2週間程前に夏風邪を引いてまだ抜けないForger、毎年扁桃腺に苦しめられるN村氏と治りかけの半病人が半数を占めましたが、無事3ターン分プレイ出来ました。
それにしても今年の夏は猛暑だったりそうでなかったり、台風が南の海上で迷走した挙句日本縦断の途中でめげたりと妙な天気が続きます。
皆様もお体はご自愛ください。っても今日から夏コミで体に鞭打つ人も居るとは思いますがf^^;)

さて、第8ターン、ゲーム中も8月です。
英軍はこのターン『やだなぁ、突破なんて考えてませんよ』的に正面からぶん殴ります。
航空攻撃と艦砲射撃で2か所の混乱を引き出します。
Pict1366


続く地上戦で「大隊に対して師団で攻撃するのは大人げない!」と言う非難を無視して3箇所くらい攻撃します。が、内2箇所で逆奇襲を喰らい、師団が後退して飛行場がら空きと言う事態に陥ります。
「どうすっかなぁ」悩んだ英軍は予備に指定しておいた砲兵を飛行場に入れます。
しかしこれは枢軸軍から「なめきってる!」と猛烈な批判を浴びます。そうは言うけどね…
その西側ではミュールの下に予備指定しておいた師団と戦車大隊が飛び出し、ドイツ軍戦車大隊を川向こうまで押し出します。
Pict1367_2


枢軸軍はこのターン戦線整理に奔走。ヘルマン・ゲーリング師団を分散させてさらなる連合軍の突破に備えます。
第1降下猟兵の目前にこれ見よがしに移動モードで配置した砲兵を襲ってくるかと思いましたが、襲ってきませんでした。
Pict1368

第9ターン、カタニア平原西側の道路迄進出した英軍は戦線を整理、山中で包囲戦をしていた空挺部隊も山を下りてきます。しかし海岸沿いでは空軍に艦砲まで動員して攻勢に出ます。
ステップロスした師団を囮に予備指定しておいた戦車と海兵隊が突っ込むと言うえげつない作戦を取りますが、前進できたのは1ヘックスだけ。
他は陽動なんで攻撃無し(じゃなかったかな?)
他にカナダ第1歩兵師団が戦車大隊と共同で第1降下猟兵にケンカを売りますが、逆奇襲を食らって戦車大隊が除去されます。
Pict1371


一方の枢軸軍は順調に戦線を後退中。本当は攻撃したいんだろうけど、戦力が足らな過ぎて攻撃できない様子。
米軍戦線側ではリカタ港の拘束が解かれ、枢軸軍大きく後退が始まります。
Pict1373_2

第10ターン、英軍は再び全面攻勢(と思わせる)に出ます。内陸側に空軍、海岸沿いに艦砲を叩き込みます。
Pict1375


このターンはラッキーヒットが続き2ユニットが砲撃で除去、その後の地上戦でも良い結果に終わり、英軍は最後の川を渡りエトナ山の麓までたどり着きます。
Pict1376


対する枢軸軍は平地での防衛を諦め、一斉にエトナ山まで後退を始めます。
Pict1378


米軍戦線でも後退が続き、人材豊富な米軍でも隙間ない戦線を張るのは一寸厳しくなってきました。
Pict1379


ちなみにこのターン、枢軸軍の補給フェイズで
独「あ、航空機の補充来た。メッサー復活!
伊「お、航空機の補充来た。メッサー復活!!
となった事を忘れない様に記しておきます。

次の英軍の目標はエトナ山の東のカタニアと西側の進撃路の確保です。(←前回も言ってた)

2017年4月29日 (土)

Sicilly II キャンペーンプレイ:第3~5ターン

2017年のForgerの課題はSicily 2のキャンペーンゲームのプレイです。
まぁ課題と言うと堅苦しいので、目標と置き換えて下さい(;^_^A

4月2日に前回の続きで第3ターンから、第5ターンまでプレイしました。

4月2日にプレイしたのに何で今頃更新かと言うと…単に筆が遅いだけです。
因みに枢軸軍の戦闘報告書は既にアップロードされています。N村氏()、市川氏()のブログも参照して下さい。

第3ターン、英軍は奪取したシラクサ港に空挺工兵を揚陸、シラクサ港の修理に備えます。
西側の山地は歩兵部隊を使ってコストを掛けず時間を掛ける包囲戦術で挑みます。
更に海岸線では意気揚々と虎の子第23機甲旅団に攻撃を命じます。
しかし途中自動車化歩兵が落伍。構わず残りの戦車大隊×3個を攻撃位置へ。するとイタリア軍の阻止砲撃を受けて混乱に。それでも「平地だから戦力倍!」と思ったら相手が数少ないイタリア装甲車大隊、戦力1.5倍に賭けるも逆奇襲を喰らって2個大隊を失って後退します。

Pict1333_3

第4ターン、揚陸した空挺工兵でシラクサ港を修理しようとしたら「それは出来ません」との突っ込みが!よく読めば空挺工兵には工兵能力が無いそうで…これじゃ港の修理が出来ないよ!と、いう訳でシラクサ港の修理が遅延。
次にアウグスタに立て篭もる3個の沿岸防衛部隊に攻撃!と思ったらあっさりと降伏。枢軸軍のサイの目がふるいません。
しかしそれは英軍も同様で、特殊部隊の支援を受けて第23機甲旅団残余が再度攻撃を仕掛けますが、失敗に終わります。
更には沿岸に近づき過ぎたインドミタブルが砲撃で被弾損傷!と言う英軍にとっては恥ずかしいターンでした。

Pict1338_2

第5ターン、先ずは第30軍団司令部をシラクサに揚陸。これで次のターンから司令部の工兵能力で港の回復が出来ます。
そして川沿いに防御線を引いた枢軸軍に英軍は捻り無しの真っ向勝負!ほぼ全てのRAFを投入して制空権を確保、爆撃機による事前爆撃!イタリア軍の阻止砲撃!!そして攻撃はなんとか成功。カタニアへの橋を1つ渡りました。
が、その後枢軸軍空軍の一大攻勢がフォーミタブルを襲います。最初の空襲で一時的混乱を受け、二度目の空襲で混乱が出れば1損害!
沈没も覚悟しましたが、此処は枢軸軍プレイヤーの不運に助けられます。

Pict1344

こんな感じで今回のプレイは「もう少し頑張りましょう」「もっと頑張りましょう」「もう少し頑張りましょう」な評価です。次回は第6ターンからです。

2017年2月10日 (金)

Sicilly II キャンペーンプレイ:第1,2ターン

2017年のForgerの課題はSicily 2のキャンペーンプレイです。
昨年、ちょろっとプレイしたところ、これならキャンペーンプレイ行けるんじゃね?と思って守備範囲外にも関わらず購入。OCSベテランのN村、市川両氏の他、HA氏までも巻き込んでキャンペーンプレイを企画。そして先日第1回目のプレイとなりました。
プレイの様子はN村氏()、市川氏()のブログも参照して下さい。

Pict1297_2

この日は最初の2ターンをプレイした後、ユニットの位置などを記録、次回は第3ターンからのプレイです。
ゲームはまず両軍の担当決定から。枢軸軍西部をN村氏、東部を市川氏が担当。
連合軍西部(米軍)をHA氏、東部(英軍)を私が担当。
第1ターン、英軍東側の強襲上陸は無事成功。枢軸軍から「ドラマが足りないぞ!」と批判されます。

Pict1298_2



しかし、英軍南側ではLSTの上陸が失敗。乗っていた歩兵師団は半壊と混乱を受けながら岸に辿り着きます。この辺りから私のサイの目の悪さが発揮され始めます。
上陸地点近くのイタリア軍沿岸師団の1個連隊を掃討に1個歩兵旅団を送り込むと「舐めてんのか!」「オラが村を守るんだ!」とばかりに反撃を喰らって旅団壊滅。
続く第2ターンにはシラクサ北方への強襲上陸に失敗。ここでも部隊半壊と混乱を受けます。
それでも何とかシラクサを制圧、貴重な港湾を手に入れます。
ここまでの所、枢軸軍東部は積極的な反撃をせず、整然と後退。次のアウグスタ攻略戦から本格的な殴り合いが始まりそうです。

Pict1311


一方米軍側では、第1ターンの強襲上陸は順調な滑り出し。リカタ港湾を制圧してヘルマン・ゲーリング師団に対して道路障害を置いて「やれやれ」と言った感じでターンを終えると、その傍からコーナー戦闘団が浸透、LST港湾を蹂躙するとダブルムーブで悠然と後退。リカタ港湾をZOCに収めて米軍の反撃を跳ね返します。

Pict1306


そんな感じで次回に続きます。

2015年8月27日 (木)

ゲームサークル坂戸例会(日曜日)

前日から変わってこの日はOCSのプレイ(11月に行われる猿遊会でのプレイするゲームとシナリオの)検討会。
朝からBeyond the Rhine のマップを広げて、ああだ、こうだ、と話し合い。
Beyond the Rhine の1マップシナリオScenario 6.6: A Time for Trumpets の勝利条件を確認しながら、連合軍の初期配置を見てみると、「これアーヘン攻略の限定反攻にした方が現実的じゃね?」と言う結果に。
勝利条件がね、遠すぎるのよ。
次にScenario 6.2: Fall of ‘44 (Montgomery) の連合軍初期配置位置を確認。
フルキャンペーンの北半分なんですが、連合軍プレイヤーは英軍/米軍に分ければ何とかなりそう、と言う方向に。
それでもいきなりシナリオをプレイしてきちんとプレイ出来るとは双方思っていないので、次回以降の例会の際にお試しプレイをする事に。

ここでお昼。
戻ってきてからマッコイさんを巻き込んでOCS:Tunisia のインストプレイ。
シナリオはRace for Tunis。
状況はN村米仏軍&マッコイ英軍の連合軍の前にForger伊独軍が立ちふさがる形です。

▼は初期配置
Pict1120

枢軸軍には司令部も無いレール輸送能力も無い!と嘆いたら、それは連合軍も一緒!という突っ込みが。
お互いグタグタの状況から開始です。
シナリオは1マップですが、戦闘は画像に移ってる1/4マップの範囲内でしか戦闘が起きません(でした)。

▼順調?に攻め上げる連合軍
Pict1121

今回はインストプレイです。OCSではこういう事が起きるのだよ、と言う事を実際に説明する為にも枢軸軍は活発に行動します。
が、誰が奇襲チェックでピンゾロを出せと言った!(もちろん振ったのは私です)
そんなハンプニングを挟みながら、今日一番の見せ場に。
伊独の独立空挺歩兵を支援しながら第10装甲師団の2個戦車大隊の攻撃です。
対するは仏軍歩兵と英軍装甲車。
これなら行けるぜ!とまずは空軍による爆撃⇒失敗。
続くリアクションでN村米軍が、これはまずい、と戦車大隊を投入。
22火力の準備砲撃⇒失敗
そして戦闘。都合5カ国が参加した戦闘結果は、AL1o1/Do1。
なにやっとんじゃ!

▼戦闘後の状況
Pict1122_2

その後もドイツ軍に良い所は無く、N村米機甲にチュニスまで6ヘックスと迫られてこの日は時間切れ終了となりました。
しかし、ここ一番に弱いダイス目はどうにかならんもんじゃろか…

お付き合い頂いたN村さん、マッコイさん、ありがとうございました。

2015年7月27日 (月)

ゲームサークル坂戸例会 その2

日曜日はMMP社のOCSの最新作Beyond the Rhine()のフルマップ4枚中南半分の2枚を使うパットンシナリオをメインでプレイ。

今回は連合軍N村さん、ドイツ軍は私です。
▼画像は初期配置時。
Pict1080


連合軍は補給が足りず、ドイツ軍は戦闘力が足りずで最初の2ターンは大きな変動なく進みます。
▼画像は2ターン目終了時。
Pict1082


大きな変化は南仏に上陸したドラグーン部隊が登場する3ターン目。
事前通告により後退していたドイツ軍部隊を包囲し盤面が変化し始めます。
この時点ですでにリアルタイムは夕方。今日はここまでとなりました。
(室温が上がってきていて脳みそが蕩けた)
▼画像は3ターン目終了時。
Pict1083

フルマップ2枚ですが、北側と南側を行ったり来たりするので、このシナリオは両軍2名ずつ居た方が良いですね


そしてフルマップ4枚になるとユニットまで手が届かなくなるのでは?疑惑が。
とりあえず、初期の機動は感じられたのでよしとしました。

N村さん、お相手ありがとうございました。

ゲームサークル坂戸例会 その1

土曜日は午後からの為、簡単なゲームをプレイしようと最近のマイブーム、Race to the Rhine (Phalanx) (

を持ち込みました。

幸いにしてプレイヤーが集まり、N村さん、Yさんの3人プレイで2戦しました。

▼1回目

Pict1077

中央の白色、ブラッドレーを担当。過去のプレイでブラッドレーは難しい事が判っていたので、あえて選択。
手持ちの3個の軍団を使い補給線を2本引きながら前進。
パットンがライン河を渡れない事が判明して勝負は勲章数の勝負に。
パットンより勲章数で負けていたが最後の1手番で勲章2個をゲット。
逆転勝利に成功しました。画像はゲーム終了時。

▼2回目

Pict1078

今回は立場を変えてモントゴメリーを担当。ブラッドレーの時と同様に補給線を2本引きながら前進、とかしてい

たら、あっと言う間にドイツ軍が進出してきてその対応に当たる事に。
結局慎重しすぎて距離も稼げず、勲章勝負にも負けました。
画像はゲーム終了時。アントワープに辿り着けず、30軍団に至っては1歩も動いていないという…orz

お相手してくれた両名、ありがとうございました。

▼おまけ

Pict1068

MMP社の最新ノルマンディー上陸戦ゲームDay of Days()が到着。
お披露目に持っていきました。
フルマップ4枚、中隊規模、カウンター数約2000個のゲームです。

無料ブログはココログ